FC2ブログ

【回顧】 フィリーズレビュー


阪神11R フィリーズレビュー

◎クイーンズリング

フィリーズレビューは、桜花賞トライアルの割には本番につながらないレースとなってしまっているのは周知の事実。
クイーンズリングが5馬身ちぎって勝つならまた考え直すけど、今年も短距離志向が多く集まった凡戦となりそう...。

傾向としては、1200の馬が速い流れを作るために差し馬有利。
1400m以下での実績があって、且つ上位の上がりを使えそうな馬を選ぶレースか。


数字を見る限り、クイーンズリングの上がりはこのメンバーではダントツ。
適性は合わないかもだが、展開と地力でここは押し切れそう。
ただ、前走は着差のつきやすい捲り競馬だったので、着差ほどの信頼はしないほうがいいと思うけど。とにかく、上がり性能で他馬とは差があると思うので本命視。

上がりが使えるといえば、ノーブルヴィーナスとベルフィカ、オーミアリスも台頭。この辺りなケアしたい。
ムーンエクスプレスとラッフォルツァートは単純に地力上位。当てにいくなら抑えるべし。


→◎から、「上がりの使える」ペルフィカ、「地力上位」のムーンエクスプレスでの決着だったのでとりあえずは的中。

クイーンズリングはこのメンバーなら末脚は上位だったという順当勝ちか。-20キロが心配されていたけれども、パドックで見ていた限りはガレている印象は受けなかった。むしろ脚長で距離は間違いなく長いほうがいいはず。
いい脚を使える強い馬だとは思う。だがしかし、桜花賞までは中3週?でこの大幅な体重減では伸びシロが無いか。。。無敗のマンカフェ産駒でルージュバックと被るものがあるが、逆転の目は特に見当たらない。ショウナンアデラ回避+Mデムーロなので2番人気になるだろうが、クイーンズリングよりかはチューリップ賞組を評価したい。

ペルフィカを上がりの使える馬としてチョイスできたのは、あとづけですが、ペルフィカは京都の内回りで、上がり2位に0.4差をつける末脚を披露していたし、全戦で上がり2位以内を出していたから。「1200の馬が速い流れを作るために差し馬有利」というフィリーズレビューの傾向に当てはまった好走を見せてくれた。今回の上がりタイムはクイーンズリングに0.1秒迫るものだったけど、内々を通ったペルフィカに対してクイーンズリングは大外を回していたので、能力差は歴然だと思う。ゆえに、ペルフィカ・ムーンエクスプレスともに桜花賞本番では軽視。結局いつものフィリーズレビューらしいフィリーズレビューだったのかなと。


スポンサーサイト



↓の日経新春杯


8頭BOXなら当たってましたね(ニッコリ)

冗談はさておき、馬場傾向とかラップとか見てからまた回顧します。。。

【回顧】 シンザン記念&フェアリーS


京都11R シンザン記念
◎ヤマニンマンドール
○ダッシングブレイズ
▲ノースストーム

土曜の芝を見る限りでは先週と傾向は変わったかと。
つまりは、インの前目にいないとダメだった先週から、道中インにいれば直線外に出して末脚勝負もOKという感じの馬場に変わったということ。
なので、ただ闇雲に内枠を狙うよりも、馬場を読んで競馬のできるジョッキーを優先して考えた。
本命は週中に注目馬として挙げたヤマニンマンドールに。
やはり未勝利勝ちの際の上がり性能はいいし、人気もこのぐらいなら入れるかなと。
岩田はこういう馬場なら絶対に期待通りの乗り方をしているのでここは信頼。
追走に苦労する馬なのでそこがどうか。
相手はダッシングブレイズにした。本当に「した」って表現どおり...。
1番人気で外枠引いた時点で正直あまり買いたくなかったけど、馬場はこの馬に有利なほうに変わった。
Cデ台がうまく乗ればって感じ。能力は抜けてないよ、決して。
ノースストームは前走で引っかかってたので短縮で見直し。
ナヴィオンは大外枠で福永?なるほどわかりました。
ご覧の通りの弱腰予想なので、全く馬券を買う気は無いです。


→上位4頭を人気馬が占めたように、瞬発力のある馬に向いたレースとなった。
ある程度差しの傾向は読めてたんだけどなあ。

本命にしたヤマニンマンドールは位置取りも良かったんですけど弾けず。
瞬発力勝負なら自信あったんだけど。。。

レンイングランドはしぶとい競馬してるんで、クラシック路線では厳しいですがいいところまではいけるのでは。





中山11R フェアリーS

◎10カービングパス
○13アドマイヤピンク
▲02コートシャルマン
△06オーミアリス

中山の芝が差し傾向?なので、このレースでも差し想定で狙ってみたい。
時間が無いので印だけですみません。


→こちらは時間も取れず予想したので結果はボロボロ(´-ω-`)
恥ずかしい予想でした。

◎カービングパスは前が詰まる不利があったとはいえ特に見せ場なし。
最後脚を使うとかが見れなかったのは残念。そういう意味でグァンチャーレとは違うんだよね。
「前走なにもできなかった」といって人気するでしょうから次走は嫌うのが吉。

ノットフォーマルは後から見たら買えるけど、、、ってやつ(´-ω-`)
持続力ラップに適正があるんでしょう。福島でコメートの3着のレースは大分特殊だったし。
スローの赤松賞でもちゃっかり上がり最速使ってるし。

【回顧】 日曜日の回顧


月曜はガッコーのため、競馬はお休み。




京都9R 福寿草特別
◎バイガエシ、○レントラーで◎○決着。
人気のグリュイエールを嫌って考えられたのが良かった。
能力指数だけで予想してたらグリュイエールから買っちゃってただろうし、きちんと『予想』ができたかなと。

バイガエシは前走で見せていた粘り強さを今回も披露。レントラーは3着と差をつけた強い2着に見えるけど、着差が生まれやすい捲り展開だっただけにあまり過信しないほうがいい。
グリュイエールは短縮とかHペース替わりとかなら。今回も1,2着に交わされてから頑張ってはいた。

次走注目馬…なし




京都10R 初夢S
超高速ダートである程度の位置にいないと即終了の馬場。
◎マイネルクロップ、○ワンダーアシャードでまたもやドンピシャ。1点勝負だったのでキクノソルが近づいてきたときは緊張したが…。

マイネルクロップは丹内が枠を活かして上手く乗った。この条件がベスト。これ以上のパフォーマンスはなさそう。

ワンダーアシャードはまたしても早め先頭から差される競馬。この馬のパターンとは言え、目標にされる分レースでは不利になる。
安定感はさすがで、関西のダ1800なら軸として信頼できる。

キクノソルは京都コース+重馬場というメリットがありながら、ワンダーアシャードを捉えられなかったのはそのまま実力差と考えていいかと。

次走注目馬…キャニオンバレー
普通ならスプリングシーズン、ワンダーアシャードに潰される展開をよく粘っていた。次、スムーズなら。
ただ、高速ダート向いた感もあり、ヒモまで。




京都11R 京都金杯

◎シェルビー、○エキストラエンドだったのでハズレ。ウインフルブルームを評価して、フルーキーとグランデッツァを嫌えたのはまあまあ良しとして、マイネルメリエンダを無視していたのは論外。勝ったシェルビーにしか注目できず、内で粘るマイネルメリエンダを見ていなかったのはビデオ見て予想した今週最大の不覚。

シェルビーは今回位置取りで終了だったけど、上がり順位もそこまでなので評価はできない。


次走注目馬…なし。
外枠から唯一頑張ったレッドデイヴィスだけど次買おうとは思わない。




中山11R 中山金杯
◎デウスウルトから△にラブリーデイ入れてたけど、ロゴタイプを入れておらずハズレ。広げて買ってたら当たっただろうけど、人気どころだったからしょうがないね。

上位がみんな内を回した馬なので過信しすぎるのはよくないと思う。


プロフィール

Machiavellian

Author:Machiavellian
Twitter→ @Trifecta_s2s2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR