FC2ブログ

【予想】 アーリントンカップ


◎ナリタスターワン
○ナイトフォックス
▲マテンロウハピネス
△その他人気馬

人気が予想される朝日杯組を軽視。
まず、アーリントンカップは傾向的に前有利。
外回りだけど開幕週だし。
よって、末脚がキレる馬ではなくて、前々で運べて且つ器用なタイプを重視したい。

ということで、本命はナリタスターワン。
前走の白梅賞は、内回りでの立ち回りの良さが光った。いわゆる「レースセンスがいい」って感じ。
おそらく例年の馬場傾向とマッチした脚質なので期待したい。

ナイトフォックスの前走、ジュニアカップは捲り競馬だった。
中山で捲り競馬を生み出したナイトフォックスは、器用に競馬ができるってことを証明したのだと思う。
逆に、捲り競馬で後方外から追い込んできた、エイムハイとヤングマンパワーはただの漁夫の利だから切る。
ただ、ナイトフォックスは馬場は向くかもだけど、阪神外回りは微妙かな。。。
人気しすぎてる感じもあるしねえ。

単穴にはマテンロウハピネス。
新馬勝ちがなかなかパワフルだったからね(小並感)

人気馬でいうと、ナヴィオンはシンザン記念で評価していなかったように、信頼できない馬。
とにかく競馬が下手。トップスピードにさえ乗れたらいい勝負ができるんだけど、岩田Jとはいえ最内枠で評価したい馬ではないかな。。。

馬券はオッズ次第だけど、土曜22時現在ではアルマワイオリが全然人気してないので、こっちを狙いたくなる...。



スポンサーサイト



【予想】 フェブラリーS

◎コパノリッキー
○コーリンベリー
▲ベストウォーリア


1番人気馬をここは信頼。
というのも、コパノリッキーを潰しに来る競馬をする馬がいないと思うから。

コーリンベリーの直後につけて出し抜く競馬をコパノリッキーはとるだろうが、そのさらに外からペースを上げて潰しに来る馬がいるかというと…?

それなりにペースが流れて、かつコパノリッキーを潰す競馬をとる騎手がいれば、差し競馬になるだろう。
ただ、コーリンベリーの逃げは、序盤飛ばして、コーナーで中緩み、最後また加速というもの。
おそらくG1の今回でも同じような逃げを打ってくるし、それを潰す馬もいない。最近のG1はそんなもん。

コパノリッキーはそこまで早く仕掛けたくないし、他の先行馬も末が甘くなることを危惧してコーナーで並びかけたりはしないだろう。
そうなると、コパノリッキーにとってはコーリンベリーを残り200で交わしてっていう感じで、普通に勝つ。

コーリンベリーもその流れなら残せるはず。
そして、この条件ベストのベストウォーリア。1番人気から買うのでヒモは少なめに。

【予想】 土曜日


京都1R
◎02コロマンデル

人気のカルーセルフリックは、今回初めてブリンカーを着用。
揉まれたくないためにハナを主張したいが、このメンバーではラクではないため嫌ってみたい。

ロングヒットはシニミニ産駒の初ダ。
前にいける能力はあるが、この馬も他馬を気にする面があり、ハナ条件になるだろう。
人気なら買いたくはないかな。

それならば、上昇が望めそうな◎コロマンデルで置きにいく。
ただ、前走は恵まれた感ある。単とは言えない。。。
セイジャッカルとサウスリバティーもいいんだけど、、、



東京11R ダイヤモンドS

◎16フェイムゲーム

京都が狙いたい馬がいないのでたまには東京でも。
バリバリ1番人気のフェイムゲームは、今回トップハンデ+大外枠なので、本来は嫌って考えたい。
それでも普通に勝ちそうな気がするのは私だけでしょうか。。。

春の天皇賞よりもこの舞台はあってると思う。


とくに買いたい馬がいないので、置きにいった予想ばかりですな...(´-ω-`)

【予想】 京都記念・共同通信杯


京都記念
◎スズカデヴィアス

ごく当たり前のことを言うが、キズナ&ハープスターと、他馬とでは能力差が歴然としている。
この2頭で決まる確率は高いだろう。
しかし、まあ現在の競馬人気を支える人気馬2頭の馬連は1.7倍と買えたものではない。。。

ここは、2頭に割り込む可能性がある、第三の馬を探してみたい。

まず、単純な能力比べで2強に対抗できそうなのは、もちろんラブリーデイ。
だが、京都外回りで前走中山金杯以上のパフォを挙げられるとは思えない。よって切る。

注目はスズカデヴィアス。
勝ち星を挙げた比叡Sは、京都芝外2200m戦で今回と同じ舞台。
これは極端なスローで逃げ残ったものだった。
ラストが12.7 - 11.8 - 11.1 - 11.1 - 11.5と、急加速した後に長く脚を使うラップ。
同じく単騎逃げが望める今回、スローからの急加速ラップを刻むことで、エンジンの掛かるのが遅い2強を出し抜いて先頭でゴールできる可能性があるのはこの馬ではないかと。

買うなら複勝。
骨折明けのキズナ、大外ぶん回ししかできないハープスターが飛べばかなりの配当になるのでは。





共同通信杯
◎アヴニールマルシェ

一戦一勝のリアルスティール、瞬発力勝負に疑問のドゥラメンテを軸にするよりかは安心かなというだけですが(´-ω-`)
アヴニールマルシェは、馬群の間を縫うように伸びてくる姿が印象的だし、レースの巧さと勝負根性の強さを感じられる馬。

ドスローに寄ったらリアルスティールにいいだろうし、
流れての底力勝負になったらドゥラメンテにいいだろう。

どっちのペースにも対応できそうなのはアヴニールマルシェという予想。


抑えておきたい馬が多すぎるので、単勝でいきたいです。



【予想】 クイーンC


◎01シングウィズジョイ
○11ロカ
△02ダノングラシアス、03スマートプラネット、14ミッキークイーン、15カービングパス


メンバーと枠を見たときに、素直にロカでいいんじゃないかと思った。
まあ当然のように1番人気になるだろうから、嫌うのではなく、評価しつつも捻ってみた。

クイーンCの傾向としては、ホエールキャプチャみたいにある程度前目で運べるタイプがよさそう。

ということで、本命はシングウィズジョイ。
野路菊Sでダノンメジャー相手に健闘していた馬。
アルテミスSでは位置取りが下がるなど、チグハグな競馬になったので巻き返しはあるんじゃないかと。
良い脚は持ってると思う。

対抗にロカ。
前走は「ハービンジャーの昇級初戦」だった+最内枠という不利。
それでもある程度は走れていたし、このメンバーなら十分勝負になる。

あとは、
内枠の岩田。上がりも使えるダノングラシアス。
前目で粘りこむスマートプラネット。
上がり使える良血?なのでミッキークイーン。
一応抑える程度のカービングパス。

【展望メモ】 京都記念


オルフェ・ジェンティル引退後の競馬人気を支える、キズナとハープスターに注目が集まる京都記念。
興行としての競馬なら、是非ともこの2頭にワンツー決めてもらいたいのだが、いざ予想するとなるとまたそれは別の話で...。

予想オッズ見る限りでは、キズナとハープが単勝2倍台の人気になって、ラブリーデイが5倍程度で続く模様。
2頭ともにファンの多い馬だし、当日になったらブチ込みもあるだろうし、ラブリーデイとの差は顕著になるのでは。



これまでの戦績から明らかなのが、キズナ・ハープスターともにギアチェンジが苦手だということ。
おそらくこのレースではここが重要になってくる。

予想されるペースは、比叡Sのようなスズカデヴィアスのスロー逃げ。
スローからのギアチェンジ戦では、いくら調教で動いているとはいえ、骨折休養明けのキズナは適性外だし厳しいかなと。
ハープスターのほうが瞬間最高速度は上だろうし。

まあ、エンジン性能は2強が抜けているのは明らかなので、さすがに最後は追い込んでくるとは思うが、他の馬に勝たれるケースは十分にあると思う。
なので、配当激安が予想される3連複とか馬連よりも、単勝で勝負したいレース。

今のところ、スズカデヴィアスの逃げ切りに期待。

【予想】 日曜日


京都11R きさらぎ賞

◎05ポルトドートウィユ
○03ルージュバック
△02ネオスターダム
△04アッシュゴールド


人気馬が末脚自慢タイプなので、少頭数ということも掛け合わせると道中縦長の馬群で進みそう。
そのときにハマるのはネオスターダムだろう。
ハナを切るかは不明だが、少なくとも前目前目で後続を離すはず。

◎ポルトドートウィユを最上位に取ったのは、京都外回りという舞台で脚をしっかり使えそうだから。
前走はラスト3ハロンしっかりと脚を使っての完勝だったと思う。
レガッタやルージュバックは、最速の脚はポルトより上だと思うが、京都特有の坂の下りから勢いをつけて脚を長く使うような競馬への現時点での適正はポルトにあると見た。
あと、位置取りもルージュバックよりも前目につけられそうで好感。

○ルージュバックは強いと思うし、輸送と右回りがこなせれば末脚だけで差しきることもあるかと。
減点材料はそれくらい。
ここを強い内容で勝つようなら牡馬クラシック路線でも注目したい。

△アッシュゴールドは京都の外回りの重賞で実際に速い上がりを使っている経験が強み。
前走は気性の悪さからか、最後方からの競馬になり敗北。それでもそれなりの脚は使えていたので、他の兄弟とは適正が違うのか、京都コース替わりで再び注目。

レガッタの新馬戦はさすがに時計が遅すぎたし、メンバーレベルも疑問。
人気馬で嫌うならこいつ。

このシルシでは買えないオッズなので、見ることを楽しみたい。




東京11R 東京新聞杯

▲05マイネルメリエンダ
▲12エキストラエンド
▲04シャイニープリンス この3頭のBOXで

マイネルメリエンダの前走は、明らかに馬場と展開が向いた。
ただ、今回も馬場が味方しそう。

データとってないけど、2週目の東京コースは内が強いと思う。
東京新聞杯の傾向、土曜の傾向ともにインが有利であったので、内枠のマイネルメリエンダとシャイニープリンスは抑えておきたい。
それにプラスして昨年好走してたエキストラエンドを足せばいいかなと。


【予想】 すばるS

京都11R すばるS

◎02レッドアルヴィス
○11ナガラオリオン
▲03フリートストリート
△01メイショウノーベル、04タイセイファントム、14セイカプリコーン


オープンクラスの中でもなかなかのメンバーが揃っているし、先行馬も多い。
締まった流れのレースになりそう。

狙ってみたいのが、02レッドアルヴィス。
1000万条件時の三浦特別では、厳しい流れの中で唯一前で粘っての4着。
この一戦から、距離短縮でも能力を出せると判断した。

ナガラオリオン、セイカプリコーンの前走ファイナルSは特殊なレースだったので着順は考慮しないで良い。
両馬ともにこの条件は得意としているので、前走の敗戦で人気を落としてくれるのなら。
あとは、大和Sでしぶとい競馬を見せたフリートストリート、好調のメイショウノーベル、タイセイファントム。

消しはジョバンニ。前走も流れが向いただけでは?
ブライトラインには、変に動かれると差し競馬になるのでじっとしておいて欲しい。ブライトラインは抑えておいてもいいかと。
プロフィール

Machiavellian

Author:Machiavellian
Twitter→ @Trifecta_s2s2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR