FC2ブログ

【回顧】 フィリーズレビュー


阪神11R フィリーズレビュー

◎クイーンズリング

フィリーズレビューは、桜花賞トライアルの割には本番につながらないレースとなってしまっているのは周知の事実。
クイーンズリングが5馬身ちぎって勝つならまた考え直すけど、今年も短距離志向が多く集まった凡戦となりそう...。

傾向としては、1200の馬が速い流れを作るために差し馬有利。
1400m以下での実績があって、且つ上位の上がりを使えそうな馬を選ぶレースか。


数字を見る限り、クイーンズリングの上がりはこのメンバーではダントツ。
適性は合わないかもだが、展開と地力でここは押し切れそう。
ただ、前走は着差のつきやすい捲り競馬だったので、着差ほどの信頼はしないほうがいいと思うけど。とにかく、上がり性能で他馬とは差があると思うので本命視。

上がりが使えるといえば、ノーブルヴィーナスとベルフィカ、オーミアリスも台頭。この辺りなケアしたい。
ムーンエクスプレスとラッフォルツァートは単純に地力上位。当てにいくなら抑えるべし。


→◎から、「上がりの使える」ペルフィカ、「地力上位」のムーンエクスプレスでの決着だったのでとりあえずは的中。

クイーンズリングはこのメンバーなら末脚は上位だったという順当勝ちか。-20キロが心配されていたけれども、パドックで見ていた限りはガレている印象は受けなかった。むしろ脚長で距離は間違いなく長いほうがいいはず。
いい脚を使える強い馬だとは思う。だがしかし、桜花賞までは中3週?でこの大幅な体重減では伸びシロが無いか。。。無敗のマンカフェ産駒でルージュバックと被るものがあるが、逆転の目は特に見当たらない。ショウナンアデラ回避+Mデムーロなので2番人気になるだろうが、クイーンズリングよりかはチューリップ賞組を評価したい。

ペルフィカを上がりの使える馬としてチョイスできたのは、あとづけですが、ペルフィカは京都の内回りで、上がり2位に0.4差をつける末脚を披露していたし、全戦で上がり2位以内を出していたから。「1200の馬が速い流れを作るために差し馬有利」というフィリーズレビューの傾向に当てはまった好走を見せてくれた。今回の上がりタイムはクイーンズリングに0.1秒迫るものだったけど、内々を通ったペルフィカに対してクイーンズリングは大外を回していたので、能力差は歴然だと思う。ゆえに、ペルフィカ・ムーンエクスプレスともに桜花賞本番では軽視。結局いつものフィリーズレビューらしいフィリーズレビューだったのかなと。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Machiavellian

Author:Machiavellian
Twitter→ @Trifecta_s2s2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR